2022.01.31 新着情報

「えひめのまるごとはだか麦味噌」2021年4月1日に発売

愛媛県産はだか麦で作った、減塩・甘口みそは、 食物繊維の量と質に特徴あり!

■味噌製造を手掛ける義農味噌株式会社(本社:愛媛県伊予郡松前町永田345-1 代表取締役社長:田中正志)は、原料の麦に100%愛媛県産はだか麦を使用した「えひめのまるごとはだか麦味噌」を、2021年4月1日(木)に県内JA産直市場を皮切りに、県内量販店で発売。今後は順次販売エリアを広げ、健康志向の強いユーザー層の需要を見込んでいる。

■商品概要 【デザインタイトル】毎日のおみそ汁で食物繊維がらくらくとれる 【商品名】「えひめのまるごとはだか麦味噌むぎ(甘口・すり)」 【名称】麦みそ 【原材料名】はだか麦(愛媛県産)、食塩、大豆(国産)/酒精 【内容量】600g 【希望小売価格】500円(税込) 【発売日】2021年4月1日(月) 【販売店】愛媛県内JA産直市場。県内大手量販店等。

■商品特徴 ①原材料の麦は100%愛媛県産はだか麦のみ使用。 ②国産大豆のみ使用。 ③味は、義農味噌でもっとも支持されている「伊予のみそ」ベースの甘口タイプ。 ④塩分量は、100g当たり8.5g。減塩タイプ。 ※一般的な麦味噌と比較して、約20%減塩。 ※米みそ(淡色・赤色辛みそ)と比較すると、約30%減塩。 ⑤食物繊維(*1)量は、100g当たり6.4g。(水溶性食物繊維4.2g、不溶性食物繊維2.2g) ※「水溶性食物繊維」が多いのが特徴。米みそに比べると、1.3~1.6倍、食物繊維量が多い。 ※βグルカン(*2)を400mg含む(100g当たり)。 ⑥レジスタントスターチ(*3)を800mg含む(100g当たり)。 ⑦麹歩合は200割。この特筆すべき麹歩合の高さと、はだか麦の持つ原料特性が、商品特徴を生み出した。

[JA松山市ホームページで紹介されました]